通学読書

理系の大学院生が気軽に読んだ本の感想や気になったことを書きます。(twitter:@booktrain8807)

【書評】 「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」 スコット・ギャロウェイ (東洋経済新報社)

今回紹介する本は、スコット・ギャロウェイ「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」(東洋経済新報社)です。

 

f:id:booktrain:20180811092932j:plain

 

今や知らない人はいないであろう米国IT企業四社の戦略やビジョンについて紹介している本です。

GAFAという名前を聞いたことがない方もいらっしゃる方もいるかと思いますが、新聞などにはよく出てくるのでぜひこの機会に抑えておくべきでしょう。

今回は、GAFAとは何か、どうしてこの四騎士(四つの企業)が注目されているのかを今回は紹介したいと思います!

 

【概要】

GAFAという4つの米国巨大IT企業

時価総額一兆ドルを争うGAFA

GAFAを知ること

 

GAFAとは?

ご存知の方も多いでしょうが、GAFAとは以下の4つの米国巨大IT企業の総称です。

G:google

A:apple

F:facebook

A:amazon

どの企業も聞いたり、サービスを利用したことがあると思います。僕もググったり、フェイスブックに投稿したりとよく利用しています。(世界で日本のみTwitterSNSの一位で、世界的にはフェイスブックの利用者の方が圧倒的に多いです)

多くの方も感じることかと思いますが、GAFAという四騎士により身の回りの生活は変化しました

いろいろなところでGAFAという表現は使用されるので、ぜひ知っておきましょう!

 

GAFA時価総額

本書が米国で出版されたのが2017年なので、その時点ではGAFA時価総額一兆ドル越えを争う四騎士でした。

現在(2018年8月時点)は、アップルが時価総額一兆ドルを超えています

一ドル100円を超えているので、100兆円を軽く超えた企業が存在すると思うとすさまじいですね笑

この四騎士の時価総額を合計するとフランスのGDPと同じくらいになるそうです笑

とにかく巨大な資産を有しており、投資や企業買収の規模も異次元です。

 

GAFAを知ること

ではなぜGAFAを知る必要があるのでしょうか。

GAFAの一つ一つの企業を知るとわかるように、ほとんどの人がサービスや製品を利用、使用しているのがこの四騎士です。そして、この四騎士を考えてみると登場前後で日常生活も変化したのではないでしょうか。

このように身近な生活の変化に直結するというのが、知るべき一つの理由です。

また、時価総額も異次元の四社ということで、ビジネスの世界にも大きな影響を与えます。業界を超えて新しい事業にも進行するということで、関係ないと思われる企業はほとんどありません。

ビジネスという生態系を考える上でも知っておく必要性がとても大きいのです。

 

 

 

今回は、GAFAという四騎士に関する基本的情報をご紹介しました。

この四騎士には、ここまで巨大になるだけの強さがあります

次回からその点に関してご紹介したいと思います!