通学読書

理系大学院生が読んだ本の感想や気になったことを書きます。(twitter:@booktrain8807)

「人生」の変化って難しい

先日、経団連が就活ルールを廃止されました。

先月、経団連が発表してから政府残すことを要望したりとありましたが、ルールを廃止する決定がされました。

去年就活していたこともあり、少し気になりながらニュースを見ていましたが、いろいろな視点からコメントがあり面白かったですね笑

 

今日はそんなニュースを見ながら思ったことをまとめていきます。

 

①なぜ教育の期間は伸びないのか

寿命が100年といわれている時代です。

単純に今の人生を比例倍させたら、教育を受ける期間が25年になるんじゃないのか...?とふと思ったのです。

実際には最初に学んだことで生涯仕事をして生きていくという前提自体が疑われているのでそうはならないですが、これまでの考え方を延長するならこのような議論が出てきそうなのに出てこないということは、義務教育や大学教育は依然と同じような捉え方をされているように感じます。

そう考えると大学生活が休学とかで一年伸びることなんて全然問題ないですね!

自分は人生が伸びたのに合わせて教育を受ける期間を一年延長したんだくらいの感じですね!

 

②大学で学ぶことってどう捉えればいいのか

就活ルールの廃止の際に、学業がおろそかになるから反対と数多く言われていました。

転職がよりコモディティ化していく時代であり、大学で学んだことを使い続けることは少なくなると考えられる時代に、学業をどう捉えればいいのでしょうか。

確かにいわゆる勉強と就活で求められていたスキルは異なっていたと思いますが、自分がどちらでも大事にしていたのは「楽しめるように努力する」でした。どちらも最初はハードルがあることが多いのですが、それを超えたら楽しみを見つけられる可能性があります。

つまり努力とは最初のハードルを乗り越えるための熱量であり、超えてしまえばあとはなんとかなるものであったりします(学生なので仕事をまだしておらず考えが甘いかもしれませんが)。

少し話がそれましたが、要は学業と就活の共通のスキルもあるよってことです。

その中で学業をやる意味を考えると、難しく考えすぎず「教養を得るため」と考えて気楽にやればいいのです。いろいろ知っておくと自分の中に新しい価値観を作り出すことができるかもしれないし、たぶんどっかで役に立つことがあります笑

もっとまじめに勉強しろといわれるかもしれませんが、大学では気楽に教養を学びましょう!

 

③人生の未来を学ぶ方法があるのか

最後はこれです。

不確実な時代といわれている中で、人生がどうなっていくのかを学ぶ方法があるのかです。就活していて一番不思議だったのが、これからどんな人生になるのかをあまり考えていないということでした。

確かに確実ではないものの100年時代のライフスタイルがどうなっていくかを書いてくれている本はありますし、ニュースを継続的に見ていればどのような方向に変化が起きているかはわかってきます(noteにはそのようなニュースの流れをまとめてみました)。

ということでこの疑問に関する答えは、「ある」でした。

人生について考えるのに一番のおすすめはやはりこれです。

booktrain.hatenadiary.jp

就活の前に読んでおくと、今の前提をしっかり見直せると思います。

 

今回は、最近気になっているニュースから考えていたことをまとめてみました。

大学も就活も楽しめる人が増えたらいいなと思います。

noteを始めてみた

ついに大学ラストの学期が始まり、夏休み(あったかは定かではない)より少し忙しくなってきました。

 

ですが!新しくnoteを書き始めてみました!

もともと個人で毎日まとめていた日経新聞まとめを公開するために始めたのですが、面白い企画とかもあることに始めてから気づきました笑

 

noteを始めた最大の目的がこれを書くためです!

note.mu

ネットでニュースを消費するようになった中で、目に入ってきにくいニュースの中にも面白いものがあるよっていうのと、継続的に読んでいると社会の流れがつかめるよっていうのを紹介したくて始めました!

ニュースメディアは種類が異なるものを読むと、視野が広がると思います。僕はニュースピックスと日経新聞が主なニュースメディアですが、二つとも違う特徴があって面白いです。

今後も月ごとでまとめて今後も作成したいと思っています。

 

そしてnoteを始めてみて知ってやってみたのがこちら!

note.mu

推薦図書という面白そうな企画なので、ついつい書いてしまいました笑

今回はいろんな本を読もうと思ったきっかけの本をかるーく取り上げてみましたが、他の方の推薦図書とかを見ているとほんとに様々でとても面白いです!

こんな企画があるとしってれば、早くnoteを始めていたかも…笑

 

面白そうな企画だったので紹介してみようと思い、久しぶりにブログを更新してみました。

【書評】 「ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望」 トーマス・ラッポルト (飛鳥新書)

今回紹介する本は、トーマス・ラッポルト「ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望」(飛鳥新書)です。

 

f:id:booktrain:20180923162343j:plain

 

今世界を動かすペイパルマフィアが元いたペイパルの創業者であり、Facebookを支える大物投資家であるピーター・ティールに関しての本です。

シリコンバレーが世界のトップでいる今、ぜひ知っておくべき内容になっていると思います!

 

 

【概要】

・競争ではなく独占を目指す

・破壊的スタートアップとしてのトランプ政権

・ティールが立ち上げる未来への挑戦

 

○競争と独占

ティールが考える企業が成功するカギは、「独占」です。

ビジネスの世界では、競争か独占しかありません。

ティールは、競争する負け犬になるなと「独占」を志向しているのです。

その思考のもと、成長を優先し売り上げについては後から考えるという戦略を実行しています。

この戦略で有名なのはAmazonでしょうか。ITというテクノロジーと相性がいい気がしますね。

そして、この思考により、シリコンバレーの頂点へと駆け上がっていったのです。

 

○トランプ政権を支えるティール

前回の米国大統領選挙の際にピーター・ティールはドナルド・トランプ氏を支持しました。

なぜ彼がトランプ氏を支持したのか。

それはトランプ政権が政治の世界において「古いビジネスモデルをはぎ取るスタートアップ」だったからなのです。ティールは逆張り投資家であり、それを政治の世界で実践したのです。

実際にトランプ政権が誕生してからは、シリコンバレーの大物たちとの間の溝を埋めるために会合を設定し、トランプ政権を動かしています。

政治の世界でのピーター・ティールの動きにも目が離せません。

 

○未来戦略

ティールにとって、「別のやり方では解決できない困難な問題に取り組んでいる人々」を経済的に支援することが、社会貢献です。

そして特にティールが関心を寄せているのがAIとアンチエイジング研究です。

AIに関しては、少数のIT企業により独占される際に、第三の機関が規制監督するが必要になると考え、デジタル知能を人類全体になることを推進すること、また、アンチエイジングに対しては、長寿に対しより実践的な視点を持ち込むことを目指しています。

その外にも既存の教育制度といった既存制度に懐疑的であり、様々な行動を起こしています。

どのような社会貢献をティールが目指すのかも気になるところですね。

 

 

今回はピーター・ティールに関して紹介しました。

今、世界を動かす思考としてぜひ知っておくべきものが多くあるように感じました。

単純にシリコンバレーについて知ることもできると思うので、気になる方は読んでみてください!

【書評】 「Microsoft 再始動する最強企業」 上阪徹 (ダイヤモンド社)

今回紹介する本は、上阪徹「Microsoft 再始動する最強企業」(ダイヤモンド社)です。

 

f:id:booktrain:20180914193039j:plain

 

知らない人がいないであろうMicrosoft、今や時価総額は約8600億ドルと超巨大IT企業です。

世界を支配していましたが、一時期低迷(とはいえ時価総額全米トップ5には常に入っていますが…笑)していました。

そんなMicrosoftが近年大きく変わりつつあります。

今回はそんなMicrosoftに関して詳しく解説している本をご紹介します!

 

【概要】

・変わる超巨大企業

・AIを最もスケールできる企業

・驚異的な生産性を実現する企業

 

○変革の時期を迎えるMicrosoft

Microsoftといえばwindowsやofficeといったソフトウェアのイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、CEOにサティア・ナデラ氏が就任してから大きく変わりました。

まず会社の「ミッション」が変わりました。そして会社のカルチャーを変えていったのです。

キーワードは「グロースマインドセットという言葉で、Microsoftほどの超巨大企業がすべて成長という視点で捉えていこうという姿勢を前面に出すようになりました。

その結果、脱Windowsを掲げ、これまでの競合他社ともコラボするようになりました。

また、事業のメインを、ソフトウェアを売ることから、クラウドにシフトし、再び世界の先端を走る企業へと変革していったのです。

 

○AIをスケールできる可能性

実はMicrosoftはAIの分野で最先端を走っている企業なのです。

しかし、MicrosoftのAIは「さりげない」から他の企業のAIほど印象が強くないかもしれません。

Microsoftの世界最先端のAI技術として、最初に挙げられるのがCortanaというWindows10に搭載されている「声のAI」です。Windows10のパソコンの音声認識プログラムですね。

次に挙げられるのが、Chatbotという「自動会話プログラム」です。これはLINEなどで人間のような会話をしてくれるAIです。有名なところだと「りんな」でしょうか。

それ以外にも感情認識のAIなどをMicrosoftは開発しています。

そして重要なのが、MicrosoftがAIのエコシステムを作ることを目指していることです!

そのために、AIを様々なところでコラボレーションしています。また、AIについての倫理的な取り組みも強く意識しているのです。

AIを民主化するのはMicrosoftなのかもしれません。

 

○驚異的な生産性を誇る働き方

日本でMicrosoftが注目を集めているのが、働き方改革なのです。

Microsoftの働き方には、いくつかの特徴があります。

まずは、オフィスの中での自分の場所がフリーアドレスであるということです。社員はどこで働いても構わないのです。Skypeクラウドが組み込まれていることで、固定の場所にいる必要がなくなったのです。

次に、テレワークです。どこでも仕事ができるツールが整っているということで、社員のほとんどが月に一度はテレワークを行っているのです。

テレワークは「働き方改革」で大きく取り上げられていますが、それをMicrosoftは高い生産性で実践しているということから、テレワークはそれに伴うテクノロジーと共に導入する必要性を感じます。

そして、データを標準化することで、管理部門の生産性を劇的に向上させました。社内でBIツールを整備することで、データを作成する部分を整え、データを標準化したのです。

これらの改革を成し遂げられた根本は、Microsoftが改革への哲学を持っていたからなのです。少ないリソースで多くの仕事を持続可能な状況で行うという本来の働き方改革の思想を持っていたのです。

 

 

今回は、再始動した最強のIT企業、Microsoftに関してご紹介しました。

Microsoftという超巨大企業を見ていくと、今の時代はミッションやビジョンという経営の根幹がものすごく大事な時代だと感じます。

また、Microsoftには今回紹介した以外にも魅力的なテクノロジーが多く存在しており、これからの時代を作る企業であると感じます。

今はGAFAという最強の四騎士の印象が強いですが、Microsoftも四騎士と同等以上の力を持っており、四騎士と同様に知っておく必要があるのではないでしょうか。

今後のMicrosoftに目が離せませんね!

「美意識」を学ぶ前提条件があるのではないか

前回、「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか」という本をご紹介しました。

今回は、読んでいて感じたことに関して考察してみたいと思います。

 

ものすごーく簡単に書籍の紹介をすると、今は論理的思考で解決できない問題も増えてきており、対処するために「美意識」が必要になったということです。

ここで気になるのは、「「美意識」はただ闇雲に学べばいいのか」ということです。

 

僕は「美意識」を学ぶ際に二つ前提条件があるのではないかと思っています。

一つ目は、書籍の中でも触れられていたと思いますが、「真」を迫る能力を身に着けておく、つまり、論理的思考を必要なレベルで出来るということです。

「美意識」が必要になっている原因の一つに、「論理的思考のコモディティ化」がありました。

コモディティ化ということは、差別化の主要因にならなくなったということだと思います。むしろ、持っていて当たり前になったということです!

論理的思考では対処できない問題が増えたのは事実ですが、問題を正しく認識するためには論理的思考は必要です。コモディティ化したということは、「みんなその認識はできて当たり前だよね」という前提が含まれているわけです。

これが一つ目の前提条件です。

二つ目は、「善」に関しての背景を知る必要があるということです。

「美」に対する解釈を行う上で、自分の思考がどの文脈の上で成り立っているのかを検討する必要があると考えています。

「日本の美」といわれるように、「美しい」と思うものに関しては、その文化的背景によって差が出るのではないでしょうか。西洋の美と東洋の美は同じではない(もしかすると本質的には一緒なのかもしれませんが)と考えています。

つまり、自分の背景の思想によって「美」の捉え方は異なります。そして、他の背景との差異に大きな価値が生じます。

これが二つ目の前提になります。

 

このように考えると、「真・善・美」という順の並びは、とても自然かつ重要な並びです。

そして、「真・善」を身に着けた「日本人」が核として持つ「美意識」は「日本的な美意識」なのではないでしょうか。

「和」の領域に属する「美意識」こそが、日本人が世界に価値を伝えることができる「美」であり、これからを生き抜くうえで必要になると思います。(書籍の中の例も日本的な美意識に準拠している例が多かったと感じました)

 

本書を読んでいて考えていたことをまとめてみました!

「美意識」の定義に関していろいろ話し合ってみたいですね!

 

 

【書評】 「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」 山口周 (光文社)

今回紹介する本は、山口周「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」(光文社)です。

  

f:id:booktrain:20180907224933j:plain

 

前回MBAクリティカル・シンキングという論理的思考に関する本をご紹介したのに、それが通用しなくなってきているということを紹介します笑

実は今、世界のエリートが「美意識」を学び始めているのです。

本書は、なぜ「美意識」が重要になったのかを紹介しています。

これから必要な要素になると思われるので、ぜひ押さえておきましょう!

以下、本書のご紹介です!

 

【概要】

コモディティ化してきている論理的思考

・判断を効率化・高精度化する「美意識」

・美意識を鍛えるために学ぶ「アート」

 

 

○論理的思考の限界

前回、MBAクリティカル・シンキングという本を紹介し、論理的思考の基本などをご紹介しました。

しかし、今、論理的思考を身に着けて自分の武器とすることは二つの大きな壁にぶつかっているのです。

一つ目は、論理的思考のコモディティ化です。

昨今、論理的思考に関する様々な本があふれています。戦略コンサルのマッキンゼーやBCGが、MBAに関するグロービスが様々な解説書を書いています。

当然知る必要がある知識であることには変わりありませんが、社会の一部の人のスキルであった論理的思考は差別化の要素としては弱くなってきているということが挙げられます。

二つ目は、論理的思考で解決できる限界です。

知っての通り今は社会変化がとてつもなく速い時代です。それに伴い意思決定にも早さが求められるとともに不確実な選択を求められることになります。

そのため、論理的に最終的な結論まで出していたのでは時間がかかりすぎてしまったり、論理的にはっきり白黒つけられない状況に陥ることが増えてきているのです。

「真・善・美」の三要素のうち、真を追い求めるだけでは価値を提供できなくなってきているのです。

 

○「美意識」の価値

論理的思考が限界を迎えている今必要になってくるのが「美意識」です。

つまり、論理的思考の壁を乗り越えるためのスキルが「美意識」なのです。

論理的に考えても白黒はっきりつかないときに、こっちの方が美しいから選択することによって判断を効率化かつ効果的に行う必要があるのです。

なぜその判断の基準に用いるのが「美意識」であるかというと、美しいものには合理的に美しい理由があるだろうと考えられているからです。

将棋の羽生善治先生も判断の際に「美意識」を用いると羽生先生の著書の中でおっしゃっていました。

「真」で対処できないものに対しては「美」で対処するというのは、どんなものに対しても適応可能なのでしょう。それがついにビジネスへと広がってきたのが現在であるということなのですね。

先日紹介させていただいた「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」の中のA:appleを考えてみると、スマートフォンにシンプルで美しいという「美意識」を導入することで、appleというブランドを築いたことを鑑みると、世界の最先端企業ではもう「美意識」が当たり前のことなのかもしれません。

 

○「美意識」を鍛えるには

「美意識」を鍛えるためには、「アート」を見て考えることが必要になります。

絵画を見てなぜこの絵が美しいと思われているのかについて思いをはせるのです。

それにより、「美しい」の背景にある判断基準を自分の中で作ることができます。

そのため、論理的思考では判断がつかない問題に遭遇することが多い世界のエリートが、美術館に行き絵画といった「アート」を見て学ぶようになってきているのです。

日本の大企業は判断が遅いといった欠点がよく挙げられることから、これから日本で必要になっていく学習であると感じました。

 

 

今回は、論理的思考の先で必要になると考えられれている「美意識」に関してご紹介しました。

個人的には、美の前に思想を理解する必要がある、また、日本人は日本の美を改めて学ぶべきなのではないかと思っていますが、それに関してはまたご紹介したいと思います。

「美意識」もこれからの社会を生き抜くために必要なスキル(といっていいのかはわかりませんが)だと思うので、ぜひ知っておくべきだと思います!

論理的思考の価値

昨日、グロービス経営大学院の「MBAクリティカル・シンキングに関してご紹介しました。

 

論理的思考に関しては、どうしても社会でのスキルというイメージが強いような気がしているのですが、他にも活用できるところがあると思うので、今日は論理的思考の価値について考えてみたいと思います!

 

論理的思考というと堅苦しいような気がしますが、簡単に言ってしまうと大事なことは

①考える対象を見極める

②忘れていることがないか確認する

ということなのかと思います。

 

結局これが活かせる場面というのは、「目の前の課題の解決」をしたい時であればいつでも活かせるのではないでしょうか。

最終的に何を解決しなければいけないのか、そのために考えられる手段は他にはないのか。これを概念化し、手段として紹介してくれているのが、論理的思考であると思います。

 

なので、目の前にある課題をどう解決すればいいのかわからないと感じている方は、一度論理的思考に関して学んでみるのも一つの方法になると思います!