通学読書

理系大学院生が読んだ本の感想や気になったことを書きます。(twitter:@booktrain8807)

【書評】 「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」 スコット・ギャロウェイ (東洋経済新報社) Part5

前回までに、第一の騎士A:Amazon、第二の騎士A:Apple、第三の騎士F:Facebookをご紹介しました。

booktrain.hatenadiary.jp

booktrain.hatenadiary.jp

booktrain.hatenadiary.jp

 

今回も引き続き、スコット・ギャロウェイ「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」(東洋経済新報社)を紹介したいと思います。

 

f:id:booktrain:20180811092932j:plain

 

今回は第四の騎士G:Googleについてご紹介したいと思います。

Googleに関しては、現在のCEOラリー・ペイジ(正確には持ち株会社のアルファベット)はで時価総額8370億ドル、従業員数は8万5000人という他の騎士と同様に超巨大IT企業です。

それではGoogleに関して詳しく見ていきましょう。

 

【概要】

・「世界の情報を整理する」というGoogleのビジョン

・メディアを支配する二大騎士の一つ、Google

・神のような信頼を得るGoogleの検索

 

Googleのビジョン

Googleが提供しているサービスの根本には、Googleの壮大なビジョンがあります。

それが、「世界の情報を整理する」というビジョンです。

Google検索エンジンは世界一であり、6回に1回はこれまでになかった検索がされます。そして一日に35億回Google上で検索が行われています。

これだけの回数の検索履歴を得続けることで、一つずつ世界の情報を整理しているのです。

最終的には、Googleを利用したことのある方であればすぐに理解できる上品でシンプルなホームページが、世界のすべての情報にアクセスする第一歩になるのです。

 

○メディアを支配する二大騎士

前回のFacebookの際に少しご紹介しましたが、今や世界のメディアはGoogleFacebookの二社に支配されているといっても過言ではありません。

Facebookは巨大な規模と個々人をターゲティングできる能力を持つ騎士でしたが、それに対してGoogleは検索を行った人のタイプを分類することでターゲティングを行う騎士なのです。ましてや検索回数はとてつもない回数です。

検索は中立性を保つものの、その先の広告を有料コンテンツとすることでメディアを支配する騎士となったのです。

 

○神のような信頼

Google検索に対して、私たちは神のような信頼を抱いています

当然ながらそれを利用したいと思う企業も多くいるのです。

ニューヨークタイムズなどの企業は、Googleを利用することで一時的に恩恵を受けてきましたが、最終的にはGoogleにコンテンツを吸収されるような形となりました。

神のようなGoogleは親しい間は利益をもたらす存在ですが、一度逆鱗に触れた場合墓場に追いやられるのです。そう、検索ページの最初にいたのが、二ページ目に送られるように…

検索に対する信頼は神のような存在ですが、逆鱗に触れた時の衝撃も大きいのです。

 

 

今回は第四の騎士G:Googleに関してご紹介しました。

普段Googleを利用することが多いので、自分も神のような信頼を置いていると感じます。

個人としては、世界の図書館のように知的欲求を満たせる場所としてGoogleが存在してくれればいいなと思うことがあります。

しかし、当然Googleも企業であるということを頭に入れておく必要があるとも改めて感じました。

次回は、GAFAが作り上げたルールに関してご紹介したいと思います!