通学読書

理系の大学院生が気軽に読んだ本の感想や気になったことを書きます。(twitter:@booktrain8807)

LIFE/WORK SHIFTを読んで

こんにちは。

前回まで「LIFE SHIFT」のご紹介をさせていただきました。

LIFE SHIFT、WORK SHIFTのご紹介をしましたが、その中で感じた持つべきマインドセットを書き起こしてみたいと思います。

 

booktrain.hatenadiary.jp

booktrain.hatenadiary.jp

 

「WORK SHIFT」の方が古い本なので、記されていることの中で今はもう変化していることもありますが、どちらもあり得る未来を示してくれています

これが持つべきマインドの一つ目につながります!

「可能性のある未来を知る努力を怠らない」ということです。

今は未来が不確実だからと思うこともあるかと思いますが、世界を動かす「メガトレンド」は存在するのである程度の確度での未来を知ることが出来ます。

就活をしていた時に強く感じたことですが、未来を知る努力をせずに将来を決める人が多いのはもったいないのではないのでしょうか。

 

二つ目は、「学ぶ価値を自分で定義する」ということです。

不確実性の高い世の中では、学び続けることが必須になります。

勉強をしている時が顕著だと思いますが、なぜ勉強するのかわからなくなることがありますよね。これ何の意味があるのだろうかと。

目的を見失わないために、価値定義を常にするマインドを持つ必要があるのです。

価値を定義しにくいと思う時は、何かの「教養」を得られないかという視点を持つと定義づけしやすいです。

 

今回はこれからの時代を生きるための本を読んで感じたことを書いてみました!